popular-profile

出会い系サイトや恋活サイトにエントリーが終わったら、さっそく自己紹介を一生懸命書き込んでみましょう。登録したサイトでは、これから作るプロフィール以外のデータがゼロなので、自己紹介だけが自分をアピールするタネなんです。

実際に登録してみると(同性は見れないことが多いですがw)
『自己紹介なんてメンドーだし、とりあえずテキトーに』
という感じのプロフィールがものすごい多いです。

その分、バッチリ仕上げればそんなことだけで他の同性と差が明確になります。

登録したら何分以内にやらなければ意味がいない!というわけでないので、このページでお伝えする『好印象を与える為の秘訣』を意識してプロフィール作成に励みましょう!

どんなことよりも優先すべきは『誠実である』という事が伝わるように

誰でも得体の知れないオッサンやオバサンなどと、好き好んでメールする人はいないですよね?

ですからきちんとした文言で誠実さを表現していきましょう。

ちょこっと洒落を加えると、グッと良くなりますよ!

よくいますが、雑な言葉使い(タメ口)は、ふざけているとしか思われません。明るさをアピールしたい結果なのかもしれませんがアホ丸出しw。

プロフィールに書く文章は、慎重かつ丁寧なコトバで記載する

自分の年齢や仕事などというような、相手を想像するのに重要である基本的な情報は漏らさず記載することをお忘れなく。そもそも、ネットを利用した出会いに関しては、未だに犯罪等を連想させい悪い印象を抱く人は多いです。

『出会い系に登録している者同士だからそんなことないのでは?』と思われがちですが、誰でも最初は疑心暗鬼です。どちらとも完全にの見ず知らずの他人。どんなに丁寧に記載しようが、例外なくマイナススタートなのだ。ということを根底におきましょう。

ウソも方便!プロフの言葉がストレートじゃ見向きもされない!

デタラメを言うべきではありません。ですが、ユーモアは必要です。

NG例(ウソ偽りない事実だが直球すぎる)
『仕事以外では外出せず、休みであっても基本、家から一歩もであるかない。』
というような、半分引きこもっているような状態。

OK例(真実に変化を与えユーモアの効いた表現)
『仕事が休みの日は、大量に録画されたバラエティ番組を見ることに没頭中w( ´艸`)
その反面、この頃は男飯に没頭中。結婚したら、愛する嫁さんと一緒に台所に立てたらいいな。。。って夢を見ています。』

どうでしょう?ちょっと盛っていますが、人がイメージできませんか?

コトバを変えれば、伝わり方がガラッと変わる!

このプロフをみれば
『あーこの人インドアなんだ。私、デートは外で!って決めてるからこの人パス』
という人もいるでしょう。でも、インドア肯定派の女性も大勢います。気にしないで進みましょう!

個人的な情報ですが、私はインドアなので先ほどのようなノリのいい女性は見向きもしませんw私とは逆に、活発な女性が好みなら、そういう女性が好きそうなことを積極的に盛り込んでいきましょう!

間違っても「土日は部屋で一日中ウイイレ(サッカーゲーム)やってます!」とは書いちゃいけないので、こんな風にコトバの変化を与えます。

女性が喰いつきそうな趣味を綴りましょう!

さすがにどんなに盛ったとしても『テレビ鑑賞』だけだと、イメージアップは出来ません。映画の好きな方は『映画見てます。最近は○○を見に行きたいな!と思ってます』とかでOKです。

もし、書けるようなことがないな...
と思ったなら問答無用で『料理』と書けば、ほぼイメージアップ完了ですw

バレることは避けるべし。一気に信用を失います

ただ、包丁の使い方(切り方)すらも知らない人は、すぐにボロがでますので、料理はスルーしましょうね...私は、まともな料理は作れませんが、プロフには『ただ今レシピ考案中』とか『料理上手な方、一緒に作って教えてください!』なんてことを綴ってますw

自分の車を所有しているなら、ドライブを趣味にして
『海岸や山道をよく走っています!』なども反応が高いです。

『ギャンブル(パチンコ・競馬・麻雀)』などは相手からみると最悪の印象しか与えません。
反面、アニメオタクとか鉄道オタクとかオタッキーな趣味は、大っぴらにしたほうがいいです。
キモがられる...と懸念しがちですが、リアルとネットでは別です。かなり需要があるんですw

女性に自分と出会う事を想像させ、勝手に妄想させよう!

『この男と交際したらどんな風になるか。楽しむことができるのか。不安にならないか。』など、女性に実際に出逢ったあとが想像できるようにプロフィールを書きましょう。

女の子はその状況を思いながらオトコの自己紹介を読んでます。ですから女性がイメージを描きやすそうなことを記すとバッチリです。

女性は誰しも『遊ばれたくない』というのを忘れないで

今までに例に挙げたような自己紹介だと、なんだか軽い感じが強いですが、後半の締めでは結婚を連想させ結婚したい年齢や欲しい子供の数、性別なども記載し真剣な出会いを求めていることを強調しています。

このように文章の各所に、イメージできるコトバを盛り込むことで、自分との新婚生活を妄想させているわけですw

プロフの写真は顔写真。これだけで、確実にイメージアップ

自己紹介の仕上げは、写真です。
デフォルトは絶対NG!かといって、プリクラは軽すぎるのでNG!

まだまだ世の中、ネットでの出会いは異端です。恐怖すら感じる方も多いでしょう。
よく未成年者の犯罪に絡む、出会い系サイト...これらが起因してイメージは底辺と思ってもよいでしょう。
これらの不安を少しでも解消するため、実際の顔写真を確実に載せて下さい。

顔写真をアップロードしたからと言って、知人に笑われることもないでしょうし、逆にバレたら、その人も出会い系やっている。ということを裏付けます。

あなたと一緒の仲間です。

異性に知られたなら、それをネタに喰いつけばいいし、同性にはプロフは見られません。安心してください。笑

自分の見かけは気にするな!

写真=イケメンである必要はありません。

人間味が感じられ、誠実そうだということが認識できればいいんです。
記念撮影した時の写真(自撮りじゃないの)が最適だと思います。

旅行した時の写真じゃなくて、同級生とかで集まって居酒屋で悪ふざけした写真なんかでOK。

自撮り女子なんていうのが流行ってますが、オトコだったら。しかも、おっさんw
どう考えても気色悪くないですか???

自分で撮ってなきゃ、友達ちゃんといるぜ!という主張もできるし一石二鳥!!
(そういえば、タイマー撮影もあるかwww)